スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本がんコンベンション

第15回日本がんコンベンション

7月26日午後一番に釜池先生の講演がありました。
「糖質ゼロの効果」です。

糖質摂取がヒト本来のエネルギーであるケトン体を使えなくしている。
糖質をほんの5g食べるだけで血糖値は上がりケトン体の濃度は下がるというご自身のデータを用いて解説されました。(糖質負荷試験:OGTT)
中途半端なことを実施している他の糖質制限学者の治療の不完全さを指摘されました。

栄養士が馬鹿だから、何も考えないから、某香川なにがしという栄養大学が糖質をしっかり食べましょうと何年もわたって指導してきたから、今日のような生活習慣病が増えてきている現状を指摘されました。

毎日食べる食品によって個人の血液検査値は変わってくるのに、食事をしない時の検査値を調べて判断している現状の医療担当者の無意味さを指摘されました。「お化粧をした後で検査して何になる・・・。」名言です。

糖質を必要とするのはミトコンドリアの無い赤血球だけである。
糖尿病だとがんは3.1倍なりやすい。
ブドウ糖はがん細胞のえさである。
糖質を抑えればがんは3分の1になる。
「低血糖療法はがん治療になりうる」という言葉を残されました。
インシュリンを注射し低血糖状態を作りがんを死滅させる。
赤血球も溶解するので赤血球の代わりの役割をする代用血漿を用いる・・・。
未来のがん治療への大きなヒントを残されました。

大きな反響でした。
時代が変わり始めました。動き始めました。釜池食理論の浸透が始まっています。正しいものだけが残るのです。

今まで治験無しで根拠も無く想像だけで脂肪悪者説・糖質必要論を説いてきて人々を不健康に導いた栄養学者や医師たちはどう責任をとるのでしょうか?

kama
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

korekama

Author:korekama
健康の源は食べ物。不健康・老化の原因も食べ物
糖質ゼロ研究会会員
農林水産知的財産ネットワーク会員
世界健康フロンティア研究会正会員
農研機構産学官ネットワーク会員
横浜・神奈川バイオビジネスネットワーク会員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。