スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖質ゼロ研究会

kotuzui1

 muneta doya


23日六本木「ボタニカ」で釜池先生を囲んでの糖質ゼロ研究会が開催されました。
総カロリー1279kcal の中で糖質量は10グラムしかなく、総エネルギーに対する糖質エネルギーの
率は3.1%になります。
一般の料理は50~60%が糖質エネルギーですので、20分の1で、94%カットの計算になります。

釜池先生の著書「糖質ゼロの食事術」には、人類の本来の食べ物は骨髄とあります。

本日はシェフの配慮で骨髄料理が出てきました。
皆でとろりとした触感で栄養満点の骨髄料理を堪能しました。

kotsuzui foagura cake
骨髄           フォアグラ       チーズケーキ

 
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

世界健康フォーラム 2008・横浜

世界健康フォーラムに参加しました。

テーマ:「世界の長寿食文化に学ぶ」
場 所:パシフィコ横浜

■世界の食文化と健康・・・UNESCO事務局長 松浦晃一郎先生
■高齢者の健康と環境・・・米国アラバマ大学教授 ウィリアムコッケルハム先生
■長寿の秘訣を探る・・・・・世界健康フロンティア研究会理事長 家森幸男先生
■きれいで元気になれる腸の健康・・・理化学研究所微生物材料開発室室長 弁野義己先生

■ミレニアムフォーラム 「健康長寿は自らつくる、みんなに贈る」 コーディネーター 宮崎緑先生
  日野原重明先生
  辨野義己先生
  横川 おさむ理事
  かとうかず子女優
  家森幸男先生

hinohara  yamori  yokogawa

日野原先生と        家森先生と          横川理事と

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

米国特許

tokkyo

弊社の大豆の製粉技術が米国でも特許を取得することができました。
日本と米国の二カ国での特許となりました。

同時に大豆全粒粉を使い、卵を使わないマヨネーズを造る技術も特許を獲得することができました。

大豆全粒粉の「ビゴーレごはん」 糖質90%カット

農林水産知的財産ネットワークシンポジウムが10月29日東京国際フォーラムで開催されました。


座長は東京農工大学大学院教授 農学博士 澁澤栄先生です。


三題の講演があり、秋田県、広島県の発表につぎ、一般企業からは弊社の是安社長が講演いたしました。


是安社長の発表内容は、食品は本来ヒトの生命を維持し健康に作用するものですが、今は、食品による不健康が助長されている状況であります。


食べすぎによる潜在的栄養過剰状態と偏った食事による潜在的栄養不足状態の二つが併存しています。


この課題を解決する食品開発に取り組み、栄養豊富で、かつ糖質を大きくカットした食品を完成するに至りました。

小麦粉で作られている食品は全て大豆全粒粉の「ビゴーレ」で作る技術を完成しました。



低糖質で高蛋白の食品で、かつ多くの栄養成分を含み、血糖値を上げない体に優しい健康的食品ばかりです


主食(ご飯、パン、パスタ、)も小麦粉ゼロ、砂糖ゼロで大豆全粒粉「ビゴーレ」で完成いたしました。
プロフィール

korekama

Author:korekama
健康の源は食べ物。不健康・老化の原因も食べ物
糖質ゼロ研究会会員
農林水産知的財産ネットワーク会員
世界健康フロンティア研究会正会員
農研機構産学官ネットワーク会員
横浜・神奈川バイオビジネスネットワーク会員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。